石垣島 天然記念物キイレツチトリモチの可愛い森の小人写真

石垣島 天然記念物キイレツチトリモチの可愛い森の小人写真
廃村になった仲筋村のネバル御嶽 亜熱帯海岸林に探検
この時期(12月中旬頃〜1月末)位まで森の中には
可愛い 森の小人・森の妖精と呼ばれる、2種類いました
◎キイレツチトリモチ(花穂が長卵形で先端が細く黄色)
◎リュウキュウツチトリモチ(花穂が短くてほぼ球形をしピンク)
ピョコピョコと芽を出し、受粉して土に帰っていきます
雌雄同株で一つの花穂に雄花と雌花が一緒の物体です
雄花は花穂の基部を取り巻くように白い花が咲きます
1月末なので、成長して受粉したツチトリモチが
ココアパウダーをかぶったような色合いになり土に帰ります。












写真はすべて、色合いと特徴からすると
リュウキュウツチトリモチ(花穂が短くてほぼ球形をしピンク)だと思われます。

沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物に指定されているようです。

沖縄の離島、八重山 石垣島 絶景風景満載の八重山諸島〜
八重山フォトナビ 観光同行カメラマン
 八重山海斗   ロケーションフォト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です