石垣島 街中の御嶽 ビッチンヤマ 雨の日は名所巡りの旅 

石垣島の市街地にも幾つかの御嶽
(神様を祀り聖地となっている所)
今回は、石垣市のど真ん中、市役所より近い、
通称18番街にある御嶽 「ビッチンヤマ」
通称18番街の区画の角に、ひっそりと鳥居があり
その奥に大きな御神木?がありました
この御嶽の名前は「ビッチンヤマ」と言い、漢字では
「美鎮山」と書くらしいです。
街中の御嶽 ビッチンヤマ
御神木?の横に祀られている神様、重い石が祀られているらしいです
街中の御嶽 ビッチンヤマ
ここの伝承は・・・
この御嶽は、伝承によれば、ビッチンヤマは明和大津波(1772年)の時
石垣村の役人が波の上に浮いていた石を持ち帰ろうとしたところ、
この場所で急に重くなり動かすことがでず、ここが何からの意味合いが
有る場所だと考え、ここに御嶽を作られ祀られているようです
沖縄各地の語り手のご紹介の中に「石垣市石垣の語りです」が有り
その中に、「美鎮山(共通語)」の伝説が語られていました

他にも、いろんな所に、御嶽があり、時間が有る時、訪れてみたいです
ここから、いろんな伝説や歴史が垣間見れてなんとなく嬉しい(^^;
天気が悪い日などは、街中の散策もいいですね。
街中の散策ガイドをしている所も有りますので
活用するのも良いですね 古民家でゆっくりゆんたくできる所も有ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です