石垣島に飛騨高山の古民家宿 白保 Le Lotus Bleu

石垣島 白保に飛騨高山伝統建築古民家の宿
石垣島に、古民家、赤瓦の民家と思いきや
石垣島に築100年の飛騨高山から移築した
古民家が有りました!
31年前に石垣市白保地区へ移築したらしです
今回、機会が有り尋ねてみました!
*飛騨高山の古民家宿、白保「 Le Lotus Bleu」*
白保集落の中にあり、石垣とフクギとアレカヤシに囲まれ、
飛騨高山から移築された大きな日本伝統古民家があります
まず 海斗が建物を見た印象・・・なんじゃこりゃ!!
なんで、石垣島に飛騨高山の古民家が・・それもデカイ!
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
海斗の頭の中は、ドラえもんのどこでもドア状態でした
なんで?なんで? 建物全体が、石垣島に有るけど異国
それも、飛騨高山の世界! まるで、豪商の屋敷です!
では、玄関入り口から奥を見渡せば、囲炉裏と開放感ある
窓の先には、アレカヤシ・石垣の先には赤瓦の古民家
まさに、ドラえもん何処でもドア、玄関を入れば飛騨高山
外に出れば、石垣島・・・・部屋から石垣島が見える!!
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
建物の中に入ると、飛騨高山の古民家は、
石垣島に居ながら別世界です。すごい梁が
目に飛び込んできます、築100年の屋敷
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
古民家の中央に囲炉裏があり、天昇から釣り下がる
鉄瓶平丸型の茶釜・・・海斗だけですかね?
この茶釜の中に タヌキを思い浮かべるのは(^^;
いいですね、囲炉裏のある古民家!!安らぎます。
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
玄関右側のショーケースには獅子がお出迎え
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
玄関左側には、格子戸奥にキッチン
その前が食堂の様でした 赤い金平糖の様な飾り奥ね
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
食堂も二方は大きな窓ガラスで、明るく見上げると
太い梁が飛び込んできて、シーリングファンがあり
ゆったりとした食事ができそうです
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
屋敷の囲炉裏の奥、縁側があります、広い縁側
そこからの風景は、まさに石垣島、白保の風景です
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
縁側の先に、分厚い強化ガラスで縁側が外に作られ
心地よい風と風景を楽しめます、夜空が綺麗そう!
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
建物の二階が、宿泊できる場所です
階段を上がると、中央に吹き抜けがあり
のぞくと、真下に囲炉裏があります
ここで、各部屋の入り口があります
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
広さ200平米位を6部屋に分けて
広さの違う部屋があります、窓が多く
明るい部屋、やはり木材の梁は圧巻です
一番広い部屋です、広い凄い!としか言えない(^^;
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
素朴で伝統的で安らぐ場所です、やはり梁がすごい!
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
建物の周囲を散策・・建物の周りには水路があり、その中に
金魚やメダカ?ドクターフィッシュも居るらいです
重厚な佇まい、青空に栄える黒と白の調和、軒先まで出る梁
飛騨高山の伝統和風建築古民家ががここにあります 石垣島に!
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
そっと失礼して、建物側面、この屋根、豪雪地に耐える作りで
一平米に数トンの雪が積もっても大丈夫らしい、石垣島には
雪は降らないけど、台風の暴風にもビクともしなそうです(^^;
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
母屋横にある、蔵、 水 と書かれていました???
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
もう一つの蔵、この蔵の下には自然の洞窟があるそうです
この蔵を使い、色んな事をしていきたいと考えているそうです
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
一つ前の蔵についている鍵穴、粋な作りですね
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
そして、オーナーのご夫妻です
旦那さんは、フランス人で、可愛いお子さんが二人
とてもほんわかした、オーナー夫妻です、熱意はすごいよ!
古民家宿、白保 Le Lotus Bleu
時々、ここの宿を利用して、交流会が企画されます
先日は、平日の昼間の時間帯でしたので、育児中の
お母さん方が20組位参加され、環境問題や
自分たちの、これまでのパワフルな生き方など
手作りの茶菓子をもちより、ゆんたくされていました
いろんな企画が提案され、ここで、いろいろと
素案の種が育ち花が咲き、大きな情報発信の場となると思います
詳細は、下記をご参照して下しね
飛騨高山の古民家宿、白保「 Le Lotus Bleu」
ル・ロチュス・ブルー
〒907-0242 沖縄県石垣市白保148
TEL:0980-86-7900
http://www.lelotusbleu.asia/home.php
そうそう、「 Le Lotus Bleu」の場所は下記参照です
石垣島の白保集落、細い路地が碁盤の目の様にあり
県道沿い筋道入り口には、番号が書かれています
「A-10」番と書かれた、筋道を海の方へ下って行きます
白保魚沸く海保全協議会の「しらほ集落マップ」が

白保集落を散策するのには便利なので、リンクを
貼り付けておきます →「しらほ集落マップ

6 thoughts on “石垣島に飛騨高山の古民家宿 白保 Le Lotus Bleu

  1. SECRET: 0
    PASS:
    撮影に遊び心があって、楽しいですね♪
    室内から琉球の家屋が望めるのが、とても良いですよ☆
    移築にいくらかかったのかな?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    当ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。
    美しい写真 いつも楽しみに拝見しています。
    すごい!
    飛騨高山の古民家ですか [絵文字:e-350]
    宿泊施設とレストランになるのでしょうか。
    このような大きな建物を よく移築したもんですね。
    沖縄には 赤瓦の建物という先入観があるもんですから、
    違和感があるような感じもします。
    私は名古屋出身で、飛騨高山には何度か出かけたことがあります。
    あの場所に この建物。
    同様に 時代がある建物ですが、
    白保の景観とマッチするのでしょうか?
    風通しが 良くないのでは?
    まあ これから 時代が作られるのでしょうかねぇ。
    とは言うものの、機会があれば、利用したいのが本音です。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    白保にこんな建物があるとはΣ( ̄◇ ̄*)驚きとともにタイムスリップしたみたいです!!
    行ってみたいです!!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます
    いつもの風景写真とは異なり、建物の撮影、被写体の飛騨高山の古民家
    大きすぎて、フィツシュアイでの撮影としました
    遊び心・・・嬉しいお言葉、ありがとうございます
    今回の撮影ポイントは、まさに、室内からの琉球です!
    移築・・・そうとう高額だってでしょうね・・・

  5. SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます
    ことらへも来て頂いているの事嬉しいです
    飛騨高山の古民家、最初は、度肝抜かれましたが
    最初の違和感は有りましたが、すぐに違和感が無くなりました
    八重山=赤がわら・・ですが、すーーっとこの建物
    この白保の集落に溶け込んでいました、ぜひ”体験して下さい
    ここは、一週間からの滞在をゆっくりとしていただきたいと
    オーナー夫妻は考えれております、レストランも宿泊者向けの為
    外来では使用は出来ないようです、ただ、昼間に時々
    タウンミーティングの様な、集まりが企画されて、この場に参加は可能です
    機会がありましたら、見学ついでに立ち寄ってみられても良いかもしれません

  6. SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます
    ここは、すごいよーー
    ぜひ機会が有りましたら、写真に収めた方がいいと思います
    ふしぎと、石垣島が深く感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です