日本最大級の蝶 オオゴマダラと金ピカのサナギ

 

沖縄県の石垣市の市のチョウに指定されている蝶で
日本最大級のチョウで、羽を広げると13センチ位と
大きく、白黒のまだら模様が特徴的な大型のチョウです
飛んでいる姿も、優雅にフワフワとゆったり
羽をあまりバタバタさせずに飛んでいます
蛹は、黄金で、とても神々しいです
では、チョウチョ 木の葉にとまれ~
とまっている木?植物は、ホウライカガミです
オオゴマダラの幼虫が好んで食べる葉っぱです
オオゴマダラの側面からの写真
蝶 オオゴマダラ
背中の真正面からの写真
蝶 オオゴマダラ
オオゴマダラの幼虫が食べる、ホウライカガミ
毒がありまして、幼虫が葉を食べると毒素が蓄積され
鳥などに捕食されないらしいです
仲良く並んで、ご休憩中(^^;
蝶 オオゴマダラ
ご休憩中の所、申し訳ない、アップで一枚・・
あれ?クルクルのストローが見当たらない・・・
蝶 オオゴマダラ
あっ!仲良く並んでご休憩・・・すみません
お邪魔でしたね・・・
交尾で身動きがとれないようでした(^^;
蝶 オオゴマダラ
で、生まれてくるのが、金の蛹!!
正確に言うと、小さな卵から幼虫となり
サナギに変化すると、神々しい金ぴかのサナギとなります。
オオゴマダラ 金のサナギ
神々しいサナギでしょ、海斗はいつもツタンカーメンの様に思えて(^^;
でも。羽化するときは、さなぎの中には、白黒の模様の羽が薄く見える
そのまま、金色のチョウだったら・・・とも妄想します(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です